トイレのパッキンからの水漏れ修理方法

トイレには、高い水圧がかかったまま、水を供給する仕組みがあります。この水を止めるためには水密性を高めなければいけません。金属部品を陶器に取り付ける以上、隙間が出てきます。金属管同士をつなげる止水栓も隙間を埋めるためにパッキンが使われていますが、これが劣化することによって水漏れしてくる原因になります。

■タンク側のパッキン

トイレのパッキンを交換するのは、道具と部品があれば可能です。給水管の部分に取り付けられているパッキンは、タンクに対して内外両方にナットで締め付けられ設置されています。モンキーレンチなどがあれば、ナットは外すことができるでしょう。内部でボールタップが一緒に回ってしまうときには、手で押さえながら回せば外れます。
ナットを外すと、両側にパッキンが取り付けられているため、一旦すべて外してパッキンだけを入れ替えるといった流れで、間違いなく取り付けられるはずです。固着していることもあるため、その時にはマイナスドライバーなどを使って外すといいでしょう。

■止水栓側のパッキン

止水栓にもパッキンが取り付けられていますが、この取り外しには、ウォーターポンププライヤーといった専用の工具が必要になることもあります。モンキーレンチだけで取り外せる場合でも、タンク側のナットも外していかなければ、最終的に交換ができません。場所が狭いこともあるため十分に注意して取り外していく必要があります。
パッキンは正しく取り付けないと、またトイレの水漏れにつながってしまいます。変形させてしまうと、亀裂が入ってしまうようなことも起きます。劣化を助長させるため、しっかりととりつけなければいけません。新しいものに交換したら、また同じように取り付け締め直したら終了です。

■まとめ
位置と取り付け方法がわかれば、交換はさほど難しいものではありませんが、専門の工具が必要な場合もあるので注意が必要です。正しく取り付けることが重要で、変形させたり無理矢理取り付けたりしないようにすることが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ