トイレ水漏れは止水するところから

止水とは、水を止めるということです。水漏れの対処として最も効果的なのは、流れてしまう水がなくなることです。根本的に水がなくなることは、止まることを意味しています。トイレが水漏れを起こした時には、まず止水ということが最も効果的な手法になるのは間違いありません。

■被害を食い止める

トイレの水漏れ対策で、水を止める方法はいくつか存在します。最も効果的なのは、供給を止めてしまうことになるでしょう。トイレは常時水を必要とする設備なので、水道管から水を引いています。全開に開いたまま、必要な量を確保したのちに、フロートが水量とともに上昇し、弁を閉めるという構造になっています。
つまり、一定量がタンクにたまらなければ、弁が閉まらない構造です。これが、被害をどんどん広げる原因になってしまいます。水の供給をカットしてしまえば、この構造に頼ることなく水漏れを止めることができるため、止水弁を閉めて被害の拡大を防ぐことが大切です。

■ひび割れの止水は難しい

便器やタンクのひび割れが原因の場合は、基本的に水漏れを止めることができません。陶器である以上、割れてしまったときには、もう寿命であると捉えるしかないからです。一般的に販売されている止水用樹脂などで修理する方法もありますが、一時的なものであると考えたほうがいいでしょう。
エポキシ樹脂などを使ったものですが、付着面積を増やさなければ、しっかりと止めることができません。表面をならして一旦乾燥させてプライマーを塗り、樹脂を密着させるというような作業は素人には無理なことです。さらに恒久的な効果は期待できません。


■まとめ
水を止めるというのは、簡単なことではありません。トイレのように水量を多く蓄えている状況では、被害はどんどん広がっていくことになるでしょう。水を止めるというのは、非常に難しいことにもなってくるため、専門業者に依頼するという選択を考えておくべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ