止水栓を閉めてトイレの水漏れ修理

トイレの水漏れは、非常に多くの水が流れ出てしまうことも考えられます。特に外部に流れ出てしまっているときには、大きな損害も生み出すことになるでしょう。トイレを含めて止水栓を閉めてしまえば、水の供給は止まります。水道管からの供給が水漏れを大きくしているときには、確実な対処法となるでしょう。

■水の供給をカット

止水栓の役割は、水道管から圧送されてくる水の量を変えるところにあります。水を止めるというのは、最終的に閉め切ったときの機能です。水を止めることができれば、トイレも交換できるようになりますし、水漏れを止められるようになります。外部に水が漏れ出しているようなときにも有効ですし、便器の中に少しずつ流れているときでも、止水栓を閉めてしまえば水が供給されないため、タンク以上の量は流れません。修理をする場合にも、一旦止めてしまえば、確実に進めていくことができます。部品の交換も安全に行えるようになります。


■上流の水漏れは元栓で

止水栓の大きな問題として知っておくべきなのは、水を止めることができるのは、止水栓よりも後ろの設備だということです。もしも、止水栓に水漏れの原因がある場合には、閉めたとしても止まることがありません。止水栓そのものを交換することになるでしょう。
もっと上流側の配管の破損が原因のこともあります。この場合には、元栓を閉めるしか対応策はありません。各家庭には、必ず水道メーターが取り付けられているはずですが、そこに元栓が取り付けられています。この元栓を閉めれば、家庭内に水が供給されなくなるため、水漏れを止めるためにも、部品の交換や修理をする際にも有効な方法です。


■まとめ
止水栓は、設備ごとに取り付けられています。蛇口を交換するときにも同じように死守戦を閉めてしまえば交換は楽になるでしょう。元栓を閉めても構いませんが、作業している近くにあるわけではないため、手間がかかることもあるので、どこを修理するのかによって判断するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ