焦らずに対応するトイレの水漏れトラブル

トイレの水漏れは、大きなトラブルにつながっていくことになることがあります。水が漏れるというだけでも、日常とは異なることになってくるからです。何が大きなトラブルになってしまうのか、水漏れが起きてしまう状況を考えてみることは大切です。

■トイレの水漏れ

トイレから水漏れが起きるトラブルは、普段から想定していることはないでしょう。トイレは問題が生じたりしないと思っているからです。使えて当たり前と思うからこそ、トラブルになったときに大きな問題につながっていってしまいます。
水漏れの大きな問題は、水が流れる場所を求めていってしまうことにあります。床に流れるというのも、流れる場所が底にあるからです。さらに床を伝って下の階に落ちるといったことも起きる可能性があります。下の階の住人からすれば、天井から水が落ちてくるといったことは想定していないのですから、尋常ではないトラブルになってしまいます。


■止水栓を閉める

トイレの水は、簡単に止まりません。もともと、一定量の水を常にためることが機能として必要だからです。水漏れのトラブルを確認したら、真っ先におこなわなければいけないことは、止水栓を閉めることでしょう。止水栓を閉めてしまえば、水の供給は絶たれます。これで、これ以上の水が漏れてくることはなくなります。
ここからトラブルの修復がスタートしていきます。周りの水をぞうきんで吸い取っていくことも必要になります。バケツも用意しておくことが必要ですが、便器が正常であれば、異物を流さないように気を付けて水を流すことができるでしょう。


■まとめ
トイレのトラブルは、焦ってしまうことも出てきます。それほど大量の水が漏れてくることもあるからです。大事なことは、被害を拡大させないようにすることで、水の供給を絶ち、これ以上の水漏れにつなげないということです。冷静に対処するためにも、止水栓の位置を確認したり、最低限必要な工具を用意しておくことがポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ