トイレの水漏れは冷静に

トイレの水漏れは冷静に トイレの水漏れは、できるだけ早めに対処していくことが必要になってきます。ですが、実際に落ち着いて対処することはなかなか難しいでしょう。多くの水が漏れてくる場合もありますし、非日常的状況が焦りを生じさせることも出てきます。冷静に対処していくためには、どういった方法を取っていくのかということを事前に知っていることが大切です。トイレの水漏れに対する知識があれば、対処方法も頭に浮かび、焦りを抑えることにつながっていくでしょう。

■トイレは日常から使う設備

日常を考えれば、トイレは正常に使えるものであり、トラブルによって使えなくなることはあまり想定されていません。水漏れということでは、さらに予測もしていないでしょう。だからこそ、冷静ではいられなくなることが出てきます。日常的に起こっていることであれば、経験もあるはずですが、トイレの水漏れはそうそう起こることではありません。水漏れがしていること自体が、かなり異常なことであり、非常事態でもあります。
何よりも冷静に対処することが一番です。まずは止水栓を閉めれば、それ以上の水は流れてこなくなります。普段からどこに止水栓があるのか確認しておけば、実際に漏れてきても焦ってしまうことはなくなります。修理を依頼する場合でも、まずは止水栓を閉めてしまえば、周りの水を除去する時間もとれるようになります。

■水を止めるのは簡単ではない
水を止めるというのは、実際簡単なことではありません。水の力は強く、ほんの少ししか流れていないと思っても、わずかな隙間から漏れてくるからです。トイレでも同じことで、給水管から水漏れしているときには、水圧の力もあり、どんどん漏れてしまいます。水が流れ続けている中では応急処置もうまくいきません。補修テープの中には、水がつくことで効果が発揮できるようなものもありますが、日常から用意してあることは少ないでしょう。そのため、対処はどんどん遅れることになります。
止水しなければ、それだけ水は流れてきて、床に広がっていくのが問題です。水は低きに流れていきますが、流れるところがあれば、ますます勢いを増します。水を止めなければ、下の階や床下へと流れ込んでいくでしょう。当然被害は拡大していくことになります。そうなると苦情が来ることになりますし、床材を含めてさまざまなものが傷んでしまうことになるのですから、すぐにでも水を止めることが必要です。

■自分で直せるかどうか

実際に直せるかどうか、自分で判断することも必要になってきます。自分ですぐに直すことができれば、もっとも早い対処方法になるからです。ですが、工具も必要ですし、部品も手に入れなければいけません。止水栓を閉めてからであれば時間を作ることもできますが、状況によっては専門的な知識も必要になってきます。自信がない時には、すぐに専門業者に依頼して対応を考える方が確実です。
自分で修理交換するときにも、水圧がかかっていることは十分に理解しておく必要があります。止水栓を閉めても、すぐに止まるわけではありません。水道管の内部に圧力がかかっている分は流れてきます。トイレのタンクから漏れているときには、中の水量の分は流れてくることになるでしょう。すぐに止まらないことを理解して、焦らずに対応することも必要です。

■まとめ
トイレの水漏れは、迅速な対応がカギを握ります。修理ができる人であっても、まずは焦らずに対応を進めていくことが必要になるでしょう。水を止めてから修理を進めるという基本が頭に浮かべば、焦る必要がなくなります。冷静に対応するためにも、まずは被害の拡大を抑えることを考え、止水栓を閉めるところからスタートしなければいけません。そのためにも、水漏れに対する知識を身につけて、普段から止水栓がどこにあるのか、工具は何が必要かを確認しておくことが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース